紫外線によるダメージ。肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルについて

紫外線による健康影響についてですが、紫外線によるダメージは肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルに繋がってしまうと言われています。
日焼けした小麦色の肌が健康的と言われていたのは昔の話です。今の時代は、日焼け、紫外線を浴びることは、百害あって一利なしともいわれていて、太陽の光を受けるのは気持ちのよいものですが、太陽光には紫外線という皮膚や人体に影響を与えるものがあり、それを浴びてしまうことにより、肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルを引き起こしてしまうと言われています。
皮膚は表皮と真皮かたできていて、表皮は皮膚の最も外側にあり、角化細胞が90%以上を占めています。そのほかメラニン色素を作る色素細胞と免疫機能を司る細胞も表皮内にあるのです。真皮はコラーゲンは主で皮膚の丈夫さを保って、弾性繊維は皮膚のハリを保っているのです。
皮膚は紫外線から身を守る仕組みが備わってい亜m巣が、最も強力な光線防御は色素細胞が作るメラニン色素です。メラニンは紫外線、可視光線、赤外線を吸収してDNAへのダメージを少なくします。
人間の皮膚の色はさまざまで、黒褐色のメラニン色素のために、メラニンが多くなるほど肌の色が黒くなり、紫外線に対して抵抗性があると言われています。白人では紫外線を浴びてしまうことにより、赤くなるだけで褐色にはなりません。
日本人は赤くなるとその数日後には褐色になります。日本人でも色白でも日光に当たると赤くなりやすく、黒くなりやすい人はとくに紫外線対策が必要になってきます。
肌の色が黒い方が紫外線大して抵抗力があるからといってむやみに日焼けする事は良くないと言われています。紫外線の皮膚への影響は、太陽にあたってすぐにみられる急性傷害と長年にわたって当たり続けて現れる慢性傷害があります。
急性傷害は、紫外線で皮膚に炎症が起こっている状態で、真っ赤でいたい日焼けとして現れて、日光に当たり数時間後には赤くヒリヒリした炎症が起こって8時間~24時間でピークとなり、2、3日で消えます。あまり当たり過ぎてしまうと水ぶくれとなり皮がむける場合もあります。
慢性傷害は、長年日光を浴び続けていると皮膚のシワやシミ、時には良性、悪性の腫瘍があらわれます。お年寄りの顔や手の甲に見られるこれらの変化は、一般的に加齢によるものと思いますが、実は紫外線の影響により慢性傷害の結果なのです。
紫外線に関してできる皮膚の腫瘍については、良性のものと悪性のものがあり、皮膚がんとしては、前がん症である日光角化症と有棘細胞がんがあります。日光角化症の段階で治療することにより、生命にかかわる事はありませんが、治療しないとより悪化してしまい転移することにより、生命にかかわる場合もあります。
また、紫外線は保湿機能を低下させてしまいトラブルの原因となってしまったり、新陳代謝を乱れさせて肌の老化を促進してしまう事もあります。今の時代は、紫外線については、大きなトラブルを招いてしまうということで対策法やグッズなども多くあります。
自分の身を守っていくためには、何よりも紫外線を浴びないようにして、紫外線を浴びる状態の場合には、きちんと日焼け止めなどを使って対策を行っていく必要があります→スーパーホワイトEX
紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生してしまい、皮膚に存在する脂肪を酸化させてしまい過酸化脂質へ変わってしまうことにより、細胞の機能を低下させてしまったり、肌の老化を進めてしまう傾向にあります。
若々しい健やかな肌を保って行くためには紫外線を一切浴びないようにする良いかもしれませんが日常の生活の中では、そうはいきませんので自分なりに対策を行っていく必要があると言えるのです。