花粉症なら今の時期から受けておきたいレーザー治療!

花粉症って辛いので今の時期から受けておきたいレーザー治療について紹介します。今までの治療とは違ってレーザー治療を行うことにより、辛い花粉症の時期を乗り越える事ができると言われています。今回は花粉症のレーザー治療について詳しく紹介しますので参考にしてみてくださいね。
花粉症治療がレーザーで行われるようになっています。その方法としては、鼻の粘膜に弱い出力のレーザー光を照射して、粘膜の腫れやむくみを取り除く事ができるのです。
レーザーを照射するだけなので手軽にできる方法となっていますが、最近、始まった治療法なので、怖いというイメージを持っている人も多いと思いますが、最新のものは治療時間は、大体10分~30分程度となっています。
出血や痛みもほとんどなく安全な治療法と言われています。今までの花粉症の治療としては、強いレーザーを照射したり焼いたり、切除して粘膜を破壊して痛みを伴うものが多かったのです。
最新のものは、粘膜を破壊することなく、粘膜の反応を鈍らせることにより機能を破壊することなく、アレルギーの症状を軽減する事ができるようになっているのです。
レーザー治療の流れですが、耳鼻咽喉科で治療する事が出来るようになっていて、まずは、問診を行って、鼻の中の診察を行い、粘膜の腫れや状態をチェックします。スプレー式の麻酔を左右に吹きかけて、レーザーを照射していきます。両側で2分~3分程度で終了となります。
花粉症のレーザー治療費についてですが、このレーザー治療は保険が適用されるようになっているので、昔のように何十万もかかることはありません。費用としては、3割負担緒場合、保険適用で1回10000円程度です。
医療機関により前後しますが、大体9000円~15000円程度となっていて、何度も手術をする必要もなく、病院に通い詰める必要もありません。また、小学生でも受ける事ができるほどなので安全で安心して受ける事ができます。
レーザー治療は良いと言われていますが、気になるのは副作用などが心配という人も多いと思います。花粉症レーザー治療には副作用はありません。
レーザー治療後は、少し水っぽい鼻水が出やすいと言われていますが、かさぶたがはがれてくる程度で副作用の心配はありません。
実際に、花粉症の人は、その季節になると薬漬けで薬の副作用などの悩みを抱えてしまったり、仕事が忙しくで通院する事ができない場合や子供が小さい、介護で忙しいということで通院する事ができないという人も多いのですが、1回で良いので便利です。
薬を服用することにより、副作用の問題は抱える必要がありますが、レーザー治療で改善されることにより、薬を服用することもありませんし、通院する必要もありません。
実際に治療を行う場合には、花粉が飛ぶ時期の1ヶ月~2ヶ月前に行うのがおすすめできます。レーザー治療は効果を実感するまでは、1ヶ月程度時間必要になってきますので、早めに治療を行うことがおすすめできます。
このレーザー治療については、花粉症の悩みだけでなく、アレルギー性鼻炎にも効果がありますので、その場合には、1年中いつでも受ける事が可能となっています。
レーザー治療の気になる効果ですが、約80%~90%の効果があり、100%ではありませんが高確率で効果を期待する事ができて、2年~5年程度の間、症状を改善できるので、是非、悩みを抱えている人は一度受けてみる価値はると思います。