間違った保湿ケア”油分でフタ”はなぜNGか!?

今の時代は、保湿ケアって当たり前になっていますが、きちんと正しい方法で行えていますか?保湿で乾燥肌を予防したいと考えて、油分でフタをするという認識を持っている人も多いと思います。乾燥肌の正しい保湿方法ってどうなのでしょうか。
保湿については、肌が自らのバリア機能を回復するまでの応急処置として保湿を行います。クレンジングや洗顔、入浴などにより、健康な肌でも多かれ少なかれ角質層の細胞間脂質やNMF天然保湿成分が洗い流されて、肌の水分保持力が弱まってしまいます。
細胞間脂質やNMFが回復するまでの間は肌が無防備な状態となっているので、応急処置として保湿が必要になってきます。間違ったクレンジングや洗顔を止めて、肌から適度に細胞間脂質やNMFが流出しないようになれば、翌日には肌のバリア機能が回復すると言われています。
なので、応急処置の保湿では、肌が細胞間脂質やNMFを回復するのを邪魔せず、バリア機能の回復前の肌をきちんと守ることが出来る方法を選択する必要があります。
また、加齢やアトピー性皮膚炎などが原因となり、肌の細胞間脂質やNMFの生成力が衰えている場合や乾燥が進んで肌が簡単に正常な状態に回復することが出来ない場合などに関しては、不足している分を補ってあげることが大切になってきます。
保湿に関しては間違っている人も多く、間違った方法で保湿する事により、逆に角質層のバリア機能を低下させてしまう事もあります。長い時間、入浴など肌が濡れている状態が続いてしまうと角質層の細胞間脂質やNMFが流出してしまいます。
細胞間脂質やNMFを補う作用や生成力を高める作用のある成分が十分に入っていない化粧水などを使って長い時間パックする事により、肌がふやけてしまい角質層の保湿成分が流出して逆効果となる場合も多いのです。
油分でしっかりフタをするという考え方についても逆効果になっている可能性があります。肌に馴染みやすいオイルを過度に肌に塗ることにより、セラミドを主成分としいた細胞間脂質のバランスが乱れてしまいます。バリア機能が損なわれてしまう事もあります。
乾燥肌はバリア機能が弱っている状態なので、異物が肌に入り込みやすい状態となっています。化粧品を使用することは、それだけ化学物質などを肌につける回数や量が増えるので、場合によってはアレルギーや炎症を起こして色素沈着の原因となる場合もあります。
肌の乾燥の悩みを抱えている人も多いと思いますが、何より大切なことは、肌が乾燥している状態には、基礎化粧品の種類を少なくしてシンプルなケアで手入れをしていくようにする事も意識しましょう→アルケミー
特にこれからの季節には、乾燥の悩みを抱えてしまいますが、何よりも肌の状態を自分できちんと見極めてからケアを行っていく必要があります。正しい方法でケアを行う事により、肌を整えることが出来ますが、間違っていると逆効果となってしまいます。
肌に必要な成分を与えているつもりでも、肌の負担となっていることもあるのでその辺をしっかり学んで正しい保湿ケアが出来るようになると肌の乾燥を防ぐ事が出来ます。