顔ダニが原因?顔ダニが原因で起きる症状と対策

顔の痒みの原因は顔ダニと言われています。顔ダニが原因で起きる症状と対策についてですが、しっかり学ぶことにより、顔のトラブルを減少させる事ができると言われています。
顔ダニは、人間を含めた哺乳類の皮膚に寄生しているダニの事です。その種類は何と5000種類もいると言われています。その中の顔の毛根に住みついているのは、デモデクス、フォリキュロムと言われていて、皮膚に多いのは、デモデクス・ブレビスと言われています。
顔ダニは、人間の97%は持っていると言われていて、特に皮脂腺の多い顔が居心地が良い場所で住みついているので顔ダニと言われているのです。
顔ダニは皮脂を食べてくれるのである程度の数がいるほうが肌の調子を整えてくれる働きを持っているのですが、増えすぎてしまうと顔ダニの死骸や老廃物が増えてしまう原因となり、毛穴を塞いでしまうことにより、ニキビや肌荒れを起こしてしまう原因となるのです。
顔ダニが増える原因は、肌を不潔にしている場合や間違った洗顔をしている場合に増殖してしまうと言われており、一日の汚れやメイクを落とさないままで寝てしまうことにより、肌への負担となるだけでなく、夜行性の顔ダニにとって皮脂が餌となるのでどんどん増えてしまうのです。
毎日きちんと洗顔しているという人も注意が必要となり、クレンジングで顔の隅々まで指の腹を使って優しく汚れを落とすのは常識ですが、そのあとクレンジング剤はしっかり洗い流す事が大切になってきます。
顔ダニが増えることにより現れてしまう症状ですが、ニキビが増えてしまいます。顔ダニの死骸や老廃物が毛穴を塞ぐことにより、皮脂が詰まってしまいニキビができやすい肌になってしまうのです。
また、乾燥肌になってしまいます。顔ダニが増えることにより皮脂をたくさん食べてしまうので、肌の表面が乾燥しやすくなります。肌が老化してしまいうこともあり、顔ダニの爪や口により皮膚が傷つけられてしまうことにより、活性酸素が発生されてしまい、肌のハリやツヤが失われてしわやたるみの原因となって老化が進行してしまうのです。
更に、痒みを伴うこともあります。顔ダニが増えると、朝に顔のかゆみを感じる場合がありますが、その原因としては、夜行性の顔ダニが寝ている間に皮膚の表面に、死骸が脱皮したからなどをそのままにしている状態なので、アレルギー反応を引き起こしてしまうこともあります。
顔ダニの対策方法としては、洗顔をきちんと行うようにして、汚れや皮脂を綺麗に洗い流す事が大切になってきます。洗顔の際には、クレンジング剤をしっかり劣るようにすることが大切で、夜だけでなく朝も洗顔することにより顔ダニを減らす事ができます。
顔ダニは、誰の顔にでも住みついてしまうのですが、増えすぎなければ悪さをしないのでそのままの状態で問題ありませんが、肌のトラブルが多くなってきた場合には、顔ダニが原因となっていることも言えるのです。
顔ダニを増やさないように予防する方法ですが、脂っぽい食べ物を控えるようにして、皮脂の過剰分泌を防ぐ事が大切になってきます。また、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足になってしまうと男性ホルモンの分泌が多くなってしあみ、皮脂の量が多くなってしまいます。
今の時代はストレス社会となっていますが、ストレスをため込まないようにすることも大切です。ストレスが多くなってしまうことにより、ホルモンバランスを崩してしまったり、暴飲暴食の原因となるので、日常のストレスは、自分なりに解消する方法を見つけましょう。
メイクは基本ですが、メイクは顔ダニの格好のエサなので、必要のない時はメイクを薄くするようにして、肌を休ませてあげる事も大切になってきます。
実際に顔ダニと耳にするとビックリする人も多いのですが、誰にでもいるものなので問題ありませんが、肌のトラブルが増えてきたなどという悩みを抱えている人はきちんと日常の食生活や睡眠時間などの見直しを行ってみるようにしましょう。