投稿者「mindmap」のアーカイブ

赤ら顔の原因と対策!治す方法はないのか!?

Published / by mindmap
赤ら顔の原因と対策についてですが、赤ら顔の人はコンプレックスになっているという人も多いようです。治す方法はないのかと様々なことにチャレンジしている人もいますが、今回は、赤ら顔の対策や治療法について紹介したいと思います。
実際に赤ら顔の原因としてもいくつかの種類があると言われているのですが、大きく分けると血管の影響で赤ら顔になってしまう場合と皮膚自体が赤くなってしまう2種類があります。
血管の影響により赤ら顔になってしまう場合には、通常は肌の下に隠れている血管が膨張することにより、透けて見れて赤くなってしまうのです。
赤ら顔の赤面症と言われているのは、人前で顔が赤くなってしまうタイプで、ストレスや緊張が引き金になって顔が赤くなってしまいます。このときの原因としては、自律神経の影響などで顔の周りの血管が膨張して血液の赤色が見えることもあります。
皮膚が薄くなって赤ら顔になっている場合には、肌の下には毛細細胞が集中しているのですが、元々皮膚が薄い場合や何らかの理由で薄くなってしまうことにより血管が膨張した時に透けて見えてしまいます。この場合には、気温の影響を受けやすい傾向にあります。
赤ら顔といっても原因が違っていますが、症状や度合いにより治療法が違ってきます。赤ら顔が軽症の場合には、基本的に対策は自分で行うだけで十分なのです。食事面でバランスのよい食事を心がけるようにして、正しいスキンケアをすることが大切になってきます。
一番大切なことは、赤ら顔を落ち着かせるために、必要以上に顔をゴシゴシ洗う人がいますが、対策としてはマイナスとなってしまい逆効果になるので、力を入れず優しく洗うように心がけましょう。
洗顔後には、肌に優しい化粧水でしっかり保湿を行うことも大切になってきます。最近では、赤ら顔専用の化粧水も販売されているので試していてください。
また、水分を多く摂取することも赤ら顔の対策になっています。水により身体の中でミネラルバランスを整える事ができます。更にお風呂や適度な運動を行うようにして、汗をかくことにより新陳代謝の良い身体を作ることが出来て、身体にたまっている老廃物を排出する事ができ、肌のターンを促進する事ができるのでキレイな状態となり赤ら顔を解消に導く事ができます。
更に赤ら顔対策に重要なポイントとしては、十分な睡眠時間を確保する事です。睡眠不足になってしまうと身体の各機能が落ちてしまい肌の質も下がってしまいます。その結果、肌の再生力も低下してしまい、顔の肌にもダメージが蓄積されてしまうことで赤ら顔となってしまうことがあり、体力を充実させることにより赤ら顔を改善に導く事ができるのです。
赤ら顔の原因や状態は様々ですが、深刻になって治療を考えている場合には、光治療やレーザー治療、硬化治療などがありますが、よく考えて行うようにしましょう。
赤ら顔を改善に導くための正しいスキンケアですが、何よりも肌を優しく洗うことが重要で洗顔を行う際にも肌に刺激を与えないようにしましょう。摩擦が加わることにより、悪化してしまう場合もあります。
また、洗顔が終わった後は、赤ら顔専用の化粧水などを使って肌を整えることも大切になってきます。皮膚の炎症が原因となっている場合には、ビタミンCが効果的と言われているので、ビタミンC誘導体を活用するようにしましょう。

間違った保湿ケア”油分でフタ”はなぜNGか!?

Published / by mindmap
今の時代は、保湿ケアって当たり前になっていますが、きちんと正しい方法で行えていますか?保湿で乾燥肌を予防したいと考えて、油分でフタをするという認識を持っている人も多いと思います。乾燥肌の正しい保湿方法ってどうなのでしょうか。
保湿については、肌が自らのバリア機能を回復するまでの応急処置として保湿を行います。クレンジングや洗顔、入浴などにより、健康な肌でも多かれ少なかれ角質層の細胞間脂質やNMF天然保湿成分が洗い流されて、肌の水分保持力が弱まってしまいます。
細胞間脂質やNMFが回復するまでの間は肌が無防備な状態となっているので、応急処置として保湿が必要になってきます。間違ったクレンジングや洗顔を止めて、肌から適度に細胞間脂質やNMFが流出しないようになれば、翌日には肌のバリア機能が回復すると言われています。
なので、応急処置の保湿では、肌が細胞間脂質やNMFを回復するのを邪魔せず、バリア機能の回復前の肌をきちんと守ることが出来る方法を選択する必要があります。
また、加齢やアトピー性皮膚炎などが原因となり、肌の細胞間脂質やNMFの生成力が衰えている場合や乾燥が進んで肌が簡単に正常な状態に回復することが出来ない場合などに関しては、不足している分を補ってあげることが大切になってきます。
保湿に関しては間違っている人も多く、間違った方法で保湿する事により、逆に角質層のバリア機能を低下させてしまう事もあります。長い時間、入浴など肌が濡れている状態が続いてしまうと角質層の細胞間脂質やNMFが流出してしまいます。
細胞間脂質やNMFを補う作用や生成力を高める作用のある成分が十分に入っていない化粧水などを使って長い時間パックする事により、肌がふやけてしまい角質層の保湿成分が流出して逆効果となる場合も多いのです。
油分でしっかりフタをするという考え方についても逆効果になっている可能性があります。肌に馴染みやすいオイルを過度に肌に塗ることにより、セラミドを主成分としいた細胞間脂質のバランスが乱れてしまいます。バリア機能が損なわれてしまう事もあります。
乾燥肌はバリア機能が弱っている状態なので、異物が肌に入り込みやすい状態となっています。化粧品を使用することは、それだけ化学物質などを肌につける回数や量が増えるので、場合によってはアレルギーや炎症を起こして色素沈着の原因となる場合もあります。
肌の乾燥の悩みを抱えている人も多いと思いますが、何より大切なことは、肌が乾燥している状態には、基礎化粧品の種類を少なくしてシンプルなケアで手入れをしていくようにする事も意識しましょう→アルケミー
特にこれからの季節には、乾燥の悩みを抱えてしまいますが、何よりも肌の状態を自分できちんと見極めてからケアを行っていく必要があります。正しい方法でケアを行う事により、肌を整えることが出来ますが、間違っていると逆効果となってしまいます。
肌に必要な成分を与えているつもりでも、肌の負担となっていることもあるのでその辺をしっかり学んで正しい保湿ケアが出来るようになると肌の乾燥を防ぐ事が出来ます。

首回りにできるポツポツは、「艶つや習慣」で治る!?

Published / by mindmap
首回りにできるポツポツは、艶つや習慣で治す事ができると言われています。実際に私の母も使っていますが、本当に改善されています。今回は、艶つや習慣について詳しく紹介しますので参考にしてみてくださいね。
年齢を重ねることにより、目元や首元、胸元に小さいなイボみたいなものができやすいと言われています。今までなかったのに鏡をみてびっくりするのですが、自分の力で取ろうとすると痛いし小さいのでつかめないことも多いのですが、艶つや習慣を使うことにより、自然に取れます。
ポツポツイボの正体ですが、古くなっている角質なのです。年齢を重ねることにより現れてくると言われていて、凄く気になっている人も多いのですが、古い角質が小さくなり固まったものです。
年を重ねることにより肌のターンオーバーが弱まってしまい、古くなった角質が肌に蓄積されてしまいます。そのまま、紫外線を浴びてしまうことにより、肌にダメージを受けて、ターンオーバーの悪循環を招いてしまうのです。
首元や胸元に出やすいのですが、衣服やアクセサリーなど金属の擦れも原因の一つになっているのです。
そんなポツポツを対策するアイテムとして、おすすめできるのが、艶つや習慣です。手軽に角質ケアする事ができて、使っているだけで自然にポロリと落ちてしまいますのです。
艶つや習慣によるメカニズムですが、ポツポツを滑らかに整える事ができる、あんずエキスとハト麦エキスがたっぷり配合されています。硬くなったポツポツを柔らかくすることが出来て落ちてしまうのです。
1日約3分~5分を目安に艶つや習慣で丁寧にマッサージしていきます。ポツポツが膨らんできたり、立ち上がったり変化していきます。ポロリと落ちる直前になると黒っぽくなり枯れたように固くなって根元から落ちるのです。
艶つや習慣はイボだけでなく、沢山の機能が詰め込まれているオールインワン化粧品なので、手軽に短時間でケアする事ができます。毎日、簡単ケアで肌がなめらかになり、潤って、ハリ、キメ、しなやかさの美肌要素を実感できます。
毎日使うものですが、オールインワンのジェルタイプで伸びもよく化粧水、乳液、美容液、保湿、角質ケアまでできるのは嬉しいですよね。
艶つや習慣の使い方ですが、メイクを落として洗顔後の肌に使っていきます。さくらんぼ大を手にとって、優しくマッサージするように顔全体に伸ばしいきます。顔だけでなく、足や腕などほかの部分全身に使うことが出来ます。
実際に、私の母も使っていますが、定期購入でかなりお得に購入する事ができて、私も使ったことがありますが、肌の状態を整える事ができました。
私の場合には、子供に小さなイボができていて母がそれを目にしてこれを塗ったらいいよってもらったのですが、子供のイボはすぐに取れて、そのまましておくのももったいと感じたので使わせてもらいました。
それから、子供が乾燥肌なので、いつも肌がカサカサなのですが、実家に泊まりに行ってかえって来た時に、しっとりしていたので母に聞くと、お風呂から上がって艶つや習慣を塗っただけということで、定期購入で購入しています。
実際に、乾燥する季節には、子供の体がカサカサだけでなく、かきむしった後が沢山あり、艶つや習慣を使うようになり、それもなくなったので全身に使っています。
私は、出会えて本当に良かったと思っていますし、今までは、保湿する為に病院へ通ったり、ドラッグストアで購入したりしていましたが、定期購入で買い忘れもなく安く購入する事ができて、ジェルなので伸びが良く少量でも肌が整うようになったので嬉しいです。
家にはなくてはならないアイテムになっているので、悩みを抱えている人は、是非一度試してみてください。

花粉症なら今の時期から受けておきたいレーザー治療!

Published / by mindmap
花粉症って辛いので今の時期から受けておきたいレーザー治療について紹介します。今までの治療とは違ってレーザー治療を行うことにより、辛い花粉症の時期を乗り越える事ができると言われています。今回は花粉症のレーザー治療について詳しく紹介しますので参考にしてみてくださいね。
花粉症治療がレーザーで行われるようになっています。その方法としては、鼻の粘膜に弱い出力のレーザー光を照射して、粘膜の腫れやむくみを取り除く事ができるのです。
レーザーを照射するだけなので手軽にできる方法となっていますが、最近、始まった治療法なので、怖いというイメージを持っている人も多いと思いますが、最新のものは治療時間は、大体10分~30分程度となっています。
出血や痛みもほとんどなく安全な治療法と言われています。今までの花粉症の治療としては、強いレーザーを照射したり焼いたり、切除して粘膜を破壊して痛みを伴うものが多かったのです。
最新のものは、粘膜を破壊することなく、粘膜の反応を鈍らせることにより機能を破壊することなく、アレルギーの症状を軽減する事ができるようになっているのです。
レーザー治療の流れですが、耳鼻咽喉科で治療する事が出来るようになっていて、まずは、問診を行って、鼻の中の診察を行い、粘膜の腫れや状態をチェックします。スプレー式の麻酔を左右に吹きかけて、レーザーを照射していきます。両側で2分~3分程度で終了となります。
花粉症のレーザー治療費についてですが、このレーザー治療は保険が適用されるようになっているので、昔のように何十万もかかることはありません。費用としては、3割負担緒場合、保険適用で1回10000円程度です。
医療機関により前後しますが、大体9000円~15000円程度となっていて、何度も手術をする必要もなく、病院に通い詰める必要もありません。また、小学生でも受ける事ができるほどなので安全で安心して受ける事ができます。
レーザー治療は良いと言われていますが、気になるのは副作用などが心配という人も多いと思います。花粉症レーザー治療には副作用はありません。
レーザー治療後は、少し水っぽい鼻水が出やすいと言われていますが、かさぶたがはがれてくる程度で副作用の心配はありません。
実際に、花粉症の人は、その季節になると薬漬けで薬の副作用などの悩みを抱えてしまったり、仕事が忙しくで通院する事ができない場合や子供が小さい、介護で忙しいということで通院する事ができないという人も多いのですが、1回で良いので便利です。
薬を服用することにより、副作用の問題は抱える必要がありますが、レーザー治療で改善されることにより、薬を服用することもありませんし、通院する必要もありません。
実際に治療を行う場合には、花粉が飛ぶ時期の1ヶ月~2ヶ月前に行うのがおすすめできます。レーザー治療は効果を実感するまでは、1ヶ月程度時間必要になってきますので、早めに治療を行うことがおすすめできます。
このレーザー治療については、花粉症の悩みだけでなく、アレルギー性鼻炎にも効果がありますので、その場合には、1年中いつでも受ける事が可能となっています。
レーザー治療の気になる効果ですが、約80%~90%の効果があり、100%ではありませんが高確率で効果を期待する事ができて、2年~5年程度の間、症状を改善できるので、是非、悩みを抱えている人は一度受けてみる価値はると思います。

顔ダニが原因?顔ダニが原因で起きる症状と対策

Published / by mindmap
顔の痒みの原因は顔ダニと言われています。顔ダニが原因で起きる症状と対策についてですが、しっかり学ぶことにより、顔のトラブルを減少させる事ができると言われています。
顔ダニは、人間を含めた哺乳類の皮膚に寄生しているダニの事です。その種類は何と5000種類もいると言われています。その中の顔の毛根に住みついているのは、デモデクス、フォリキュロムと言われていて、皮膚に多いのは、デモデクス・ブレビスと言われています。
顔ダニは、人間の97%は持っていると言われていて、特に皮脂腺の多い顔が居心地が良い場所で住みついているので顔ダニと言われているのです。
顔ダニは皮脂を食べてくれるのである程度の数がいるほうが肌の調子を整えてくれる働きを持っているのですが、増えすぎてしまうと顔ダニの死骸や老廃物が増えてしまう原因となり、毛穴を塞いでしまうことにより、ニキビや肌荒れを起こしてしまう原因となるのです。
顔ダニが増える原因は、肌を不潔にしている場合や間違った洗顔をしている場合に増殖してしまうと言われており、一日の汚れやメイクを落とさないままで寝てしまうことにより、肌への負担となるだけでなく、夜行性の顔ダニにとって皮脂が餌となるのでどんどん増えてしまうのです。
毎日きちんと洗顔しているという人も注意が必要となり、クレンジングで顔の隅々まで指の腹を使って優しく汚れを落とすのは常識ですが、そのあとクレンジング剤はしっかり洗い流す事が大切になってきます。
顔ダニが増えることにより現れてしまう症状ですが、ニキビが増えてしまいます。顔ダニの死骸や老廃物が毛穴を塞ぐことにより、皮脂が詰まってしまいニキビができやすい肌になってしまうのです。
また、乾燥肌になってしまいます。顔ダニが増えることにより皮脂をたくさん食べてしまうので、肌の表面が乾燥しやすくなります。肌が老化してしまいうこともあり、顔ダニの爪や口により皮膚が傷つけられてしまうことにより、活性酸素が発生されてしまい、肌のハリやツヤが失われてしわやたるみの原因となって老化が進行してしまうのです。
更に、痒みを伴うこともあります。顔ダニが増えると、朝に顔のかゆみを感じる場合がありますが、その原因としては、夜行性の顔ダニが寝ている間に皮膚の表面に、死骸が脱皮したからなどをそのままにしている状態なので、アレルギー反応を引き起こしてしまうこともあります。
顔ダニの対策方法としては、洗顔をきちんと行うようにして、汚れや皮脂を綺麗に洗い流す事が大切になってきます。洗顔の際には、クレンジング剤をしっかり劣るようにすることが大切で、夜だけでなく朝も洗顔することにより顔ダニを減らす事ができます。
顔ダニは、誰の顔にでも住みついてしまうのですが、増えすぎなければ悪さをしないのでそのままの状態で問題ありませんが、肌のトラブルが多くなってきた場合には、顔ダニが原因となっていることも言えるのです。
顔ダニを増やさないように予防する方法ですが、脂っぽい食べ物を控えるようにして、皮脂の過剰分泌を防ぐ事が大切になってきます。また、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足になってしまうと男性ホルモンの分泌が多くなってしあみ、皮脂の量が多くなってしまいます。
今の時代はストレス社会となっていますが、ストレスをため込まないようにすることも大切です。ストレスが多くなってしまうことにより、ホルモンバランスを崩してしまったり、暴飲暴食の原因となるので、日常のストレスは、自分なりに解消する方法を見つけましょう。
メイクは基本ですが、メイクは顔ダニの格好のエサなので、必要のない時はメイクを薄くするようにして、肌を休ませてあげる事も大切になってきます。
実際に顔ダニと耳にするとビックリする人も多いのですが、誰にでもいるものなので問題ありませんが、肌のトラブルが増えてきたなどという悩みを抱えている人はきちんと日常の食生活や睡眠時間などの見直しを行ってみるようにしましょう。

紫外線によるダメージ。肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルについて

Published / by mindmap
紫外線による健康影響についてですが、紫外線によるダメージは肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルに繋がってしまうと言われています。
日焼けした小麦色の肌が健康的と言われていたのは昔の話です。今の時代は、日焼け、紫外線を浴びることは、百害あって一利なしともいわれていて、太陽の光を受けるのは気持ちのよいものですが、太陽光には紫外線という皮膚や人体に影響を与えるものがあり、それを浴びてしまうことにより、肌トラブル、活性酸素、皮膚がんなど、様々なトラブルを引き起こしてしまうと言われています。
皮膚は表皮と真皮かたできていて、表皮は皮膚の最も外側にあり、角化細胞が90%以上を占めています。そのほかメラニン色素を作る色素細胞と免疫機能を司る細胞も表皮内にあるのです。真皮はコラーゲンは主で皮膚の丈夫さを保って、弾性繊維は皮膚のハリを保っているのです。
皮膚は紫外線から身を守る仕組みが備わってい亜m巣が、最も強力な光線防御は色素細胞が作るメラニン色素です。メラニンは紫外線、可視光線、赤外線を吸収してDNAへのダメージを少なくします。
人間の皮膚の色はさまざまで、黒褐色のメラニン色素のために、メラニンが多くなるほど肌の色が黒くなり、紫外線に対して抵抗性があると言われています。白人では紫外線を浴びてしまうことにより、赤くなるだけで褐色にはなりません。
日本人は赤くなるとその数日後には褐色になります。日本人でも色白でも日光に当たると赤くなりやすく、黒くなりやすい人はとくに紫外線対策が必要になってきます。
肌の色が黒い方が紫外線大して抵抗力があるからといってむやみに日焼けする事は良くないと言われています。紫外線の皮膚への影響は、太陽にあたってすぐにみられる急性傷害と長年にわたって当たり続けて現れる慢性傷害があります。
急性傷害は、紫外線で皮膚に炎症が起こっている状態で、真っ赤でいたい日焼けとして現れて、日光に当たり数時間後には赤くヒリヒリした炎症が起こって8時間~24時間でピークとなり、2、3日で消えます。あまり当たり過ぎてしまうと水ぶくれとなり皮がむける場合もあります。
慢性傷害は、長年日光を浴び続けていると皮膚のシワやシミ、時には良性、悪性の腫瘍があらわれます。お年寄りの顔や手の甲に見られるこれらの変化は、一般的に加齢によるものと思いますが、実は紫外線の影響により慢性傷害の結果なのです。
紫外線に関してできる皮膚の腫瘍については、良性のものと悪性のものがあり、皮膚がんとしては、前がん症である日光角化症と有棘細胞がんがあります。日光角化症の段階で治療することにより、生命にかかわる事はありませんが、治療しないとより悪化してしまい転移することにより、生命にかかわる場合もあります。
また、紫外線は保湿機能を低下させてしまいトラブルの原因となってしまったり、新陳代謝を乱れさせて肌の老化を促進してしまう事もあります。今の時代は、紫外線については、大きなトラブルを招いてしまうということで対策法やグッズなども多くあります。
自分の身を守っていくためには、何よりも紫外線を浴びないようにして、紫外線を浴びる状態の場合には、きちんと日焼け止めなどを使って対策を行っていく必要があります→スーパーホワイトEX
紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生してしまい、皮膚に存在する脂肪を酸化させてしまい過酸化脂質へ変わってしまうことにより、細胞の機能を低下させてしまったり、肌の老化を進めてしまう傾向にあります。
若々しい健やかな肌を保って行くためには紫外線を一切浴びないようにする良いかもしれませんが日常の生活の中では、そうはいきませんので自分なりに対策を行っていく必要があると言えるのです。